配偶者貸付について知ろう!

銀行などの低金利の金融機関や消費者金融の専業主婦カードローンを賢く利用することによって、ショッピングなどを楽しんでいる専業主婦の人も多く存在します。
専業主婦カードローンに関する豆知識を知って、便利にキャッシングサービスを利用しましょう。
キャッシングをするための資格の一つに「安定した収入が見込めること」という条件を課しているカード会社が多いです。

しかし、専業主婦の場合、仕事をせずに家庭を守ることが最優先となっているため、アルバイトやパートをして収入を得ている人は少ないためカードローンを利用しにくくなっているという傾向があります。
カードローンの法律が改正され「総量規制」という決まりができました。
これは、簡単に言うと「年収の3分の1までしか借りることができない」という決まりです。

しかし、これでは年収が全く無い資金調達できない専業主婦は借りられない、ということになってしまうため、「配偶者貸付」という決まりもできました。
「配偶者と合わせた年収の3分の1まで貸付可能」というものになっています。
夫婦の年収を合わせたものの3分の1まで借りることができます。
この場合、配偶者がすでにお金を借りていると返済リスクも高まるため、専業主婦の借りることのできる借入限度額は少なくなってしまいます。
申し込む時に、身分証明書があれば、夫の同意も収入証明書も不要です。
夫にカードローンを借りるための同意を得なくてもいいのが嬉しいですね。

しかし、配偶者貸付で借りることが出来るのは銀行系カードローンのみです。
消費者金融に申込みをしても審査に通過することはできません。

また、限度額はきまっているので、希望額通りの融資はできません。
お金に困っているという主婦が増えている傾向にあるため、このような専業主婦を対象とした、専業豆知識として、主婦カードローンに特化している会社もあるので、ローンを組みたいという人は探してみると良いでしょう。
専業主婦カードローンの中には、定められた金額まで収入証明がいらないというようなサービスもあります。

sck106_hio01カードローン会社を一つにまとめる方法はコチラ

Just another WordPress site