専業主婦必見!カードローン会社の選び方

専業主婦カードローンが初めての方は、まずカードローンの種類について知っておく必要があります。
専業主婦カードローンにもいろいろな種類があり、融資サービスを提供する会社ごとに特徴が異なります金利でいえば、金利の安いところと高いところがあります。
無利息期間のあるところやないところ、利用限度額の大きいところ、即日借入れ可能なところ、信頼重視の審査が厳しいところなど、サービスや対応の仕方などによって、いくつかの種類に分けられます。
乗り換えなどをする場合には、自分に合ったカードローンを比較してみましょう。
業種で分ければ3つに分けることができます。

すなわち、銀行カードローン、信販系カードローン、そして消費者金融系カードローンです。
このうち、審査が最も厳しいのは銀行カードローン、次いで信販系カードローン、最後に消費者金融系となります。
一方、金利が最も高いのは消費者金融系カードローン、次いで信販系、最後に銀行系となっています。
専業主婦カードローンの場合パートでも勤め人であれば、比較的審査に通りやすいのは消費者金融系でしょう。

消費者金融系も大手から中小まであって、その審査基準は決して一律ではありませんが、全体的に見れば銀行より審査が緩くなっているのが実情です。
一方、銀行の場合は信頼重視で融資を行っているため、それなりに条件が整わないと借りることができません。
信販系はその中間ぐらいに位置しているといっていいでしょう。

さて、専業主婦カードローンで考えておくべきことは、種類の他に金利もあり金利はきちんと完済するために絶対に抑えておかなければならない問題です。
どんな借金も元本の上に金利が積み重なっていきますから、利用者は借入をする前にここの負担をできるだけ抑えること、そして事前に計算しておくことが必要になります。

まずは金利の安いところを選ぶこと。
そして、自分が借りる元本を確認して、それを基にシミュレーションで金利計算を行うことです。
このことは、専業主婦カードローンを利用する際に必ず行っておかなければなりません。
ローン返済は、ローン金額によっても利息が変わってきます。

なお金利計算の方法は、利息=元金(借りたお金)×実質年率÷365日×利用日数となります。
ここに実際の数字を入れて計算しておきましょう。
銀行系のカードローンが人気なのは、サービスが充実しているからです。
契約にはネット申込が可能ですし手続きはネットで完結するので、来店不要なのもポイントです。
急ぎの場合は指定の銀行口座に振り込んでもらえますし、提携のコンビニATMを利用すれば手数料も無料です。

sck106_hio01カードローン会社を一つにまとめる方法はコチラ

Just another WordPress site