専業主婦カードローンの金利と借入額

収入のない専業主婦の場合、年収の3分の1以上は借りることができないという総量規制の制約もありますので、安定した収入が必要な消費者金融では無利息など条件の良いプランもありますが、基本的には専業主婦は除外されてしまいます。
そのため総量規制の対象外である銀行のカードローンを利用することになります。
銀行のカードローンといいますと一般的には審査が厳しいというイメージを持っている人も多いですが、最近では主婦層、特に専業主婦に対して積極的に融資を行っている銀行も多くあります。

これは銀行系のカードローンが総量規制適用外だからです。
専業主婦カードローンを利用するにあたっては、やはり配偶者に安定した収入状況があるということが前提になります。
そのため配偶者の同意書などを必要とする銀行もありますが、この頃では特に提出など制限も必要もなく、配偶者に内緒で借りることができる銀行も多く、非常に人気が高まっています。
専業主婦カードローンの金利ですが、基本的には消費者金融など一般のカードローンと変わりません。

特に優遇されているということもなく、かといって高くかけられていることもありませんので安心して専業主婦カードローンを利用することができます。
ですが、借り入れ限度額に関しては一般のカードローン利用者よりも金額が抑えられています。
多くは30万円くらいが限度額になり、高いところでも50万円までとなっているところが多いです。
金利そのものは借り入れの限度額によって変わってきます。

つまり借り入れの限度額が高額であれば、金利は低くなり返済総額も安くなります。
年収が高く300万円の限度額で借りることができる人は、30万円の限度額でしか借りられない人よりも低い利息で借りることができるという仕組みになっています。

そのため、借り入れの限度額が低い専業主婦カードローンの場合には、その銀行カードローンの上限金利で借りなくてはならない可能性があります。
ですが、銀行は消費者金融や信販系のキャッシングなどに比べてもともと金利自体は低くなっていますので、安定した銀行で借りることができるのはメリットの方が大きいでしょう。
利用限度額は低めですが、審査は行われますし一定の条件をクリアしていないと、審査に落ちる事があります。
事前にカードローン会社のサイトで、シミュレーションを試しておくのもおすすめです。
あくまでもシミュレーションですが、個人情報の入力も無くプライバシーも保たれ無料で利用できます。
返済シミュレーションもあるので、貸付金額による請求金額や、毎月の返済金額を計算するのにも便利です。

sck106_hio01カードローン会社を一つにまとめる方法はコチラ

Just another WordPress site