専業主婦カードローンと返済期間

専業主婦カードローンの利用にあたって肝に銘じたいのは、返済期間を短くすることです。
その理由は、利息の問題と関係しています。
簡単にいえば、利息は専業主婦カードローンの返済期間が長くなるほど膨らんでいきます。

逆に、分割払いやリボ払いでも期間が短いとそれだけ利息も少なくなります。
利息が小さいほうが毎月の返済がしやすくなることはいうまでもありません。
ですから借入金額にも注意しなければなりません。返済に困らないですむように、あらかじめ短期間で返済できる金額を借りることをお勧めします。

これも返済期間に関連したものですが、借入金額を必要以上に大きくしてしまうと、返済期間を長くしなければなりません。
期間が長くなると、すでに述べたように利息を多く払う必要が出てきます。

これによってまた返済が苦しくなる可能性があります。
ですからこういう意味で、借りるお金についてもできるだけ夫婦兼用収入とのバランスを考えて、必要最低限に留めておくようにしましょう。
もし無計画にお金を借りてしまえば、返済を滞らせてしまったり、完済できなくなることもあります。
期日を守れなかったらいろいろなペナルティーがあります。
損害遅延金を請求されたり、ブラックリストに登録されたり、法令に基づいて差し押さえが行われることもあります。
延滞損害金はかなり割高ですし、遅れたに日数分加算されるので、遅れると自身にもデメリットになります。

こういう事態にならなくいいように、最初の段階で計画的に申込むようにしなければなりません。
一般的にカードローンの申し込みや利用状況は、個人信用情報機関に記録されますので、多重債務者ならすぐにわかります。
複数の借り入れがあると返済能力にも不安がありますし、自己破産のリスクも高まります。

この点において、なるべく金利の安いところから借りるのはいいことです。
金利が安いと返済が楽になりますから、延滞のリスクを減らすことができます。
金利の安いところなら、銀行カードローンを挙げることができます。

銀行の場合は消費者金融とは違い総量規制対象外なので、専業主婦のカードローン利用にも対応したところが多く、なおかつ金利も安いということで、無収入の専業主婦にとっては利用しやすくなっています。

一方、消費者金融では専業主婦への貸付は受け付けないところが多くなっています。
お金が必要なのであれば銀行カードローンへ申し込みましょう。
銀行系のカードローンでも、余裕がある時に追加返済や一括返済をしてしまえば、完済までに利息を安くできるというメリットがあります。専業主婦用のカードローンは利用限度額が決まっているので、生活費のたしに使うような場合でも増額はできません。
しかし少額でもお金の管理をしっかりとしていれば、楽に返済できるのはメリットです。

sck106_hio01カードローン会社を一つにまとめる方法はコチラ

Just another WordPress site